人材育成/ワーク・ライフ・マネジメント

人材育成の取り組み

当社は、急速に変化する事業環境の中で成長戦略を実現するためには、創造と革新の精神を持ち、グローバルに挑戦し続ける人材の育成が重要な経営課題の一つであると捉え、採用・配置・評価・昇格・教育の各フェーズにおいて、一貫性のある人材育成体制の整備を進めています。
この一環として、人材育成の取り組みを強化するため、2010年度に「人材育成基本方針」を定め、これに基づき研修体系を整備しました。また、その実効性を高めるために、経営幹部が人材育成を積極的に推進する会議体を設置し、取り組みの成果を定期的に確認しています。

ENEOSグループ全体での取り組み

  1. 1.グループ経営幹部候補の養成

    階層別の選抜研修などを通じて、将来のグループ経営を担う幹部候補の養成を進めています。

  2. 2.「働き方改革」につながる各種施策の推進

    多様な人材の育成を効果的に進めるための素地づくりとして、「働き方改革」につながる各種施策を積極的に推進しています。

JX石油開発としての取り組み

  1. 1.階層別等研修

    階層別の研修やコア人材を育成するための研修を実施しています。

  2. 2.若手従業員の海外派遣

    主に入社後数年以内の若手従業員を対象に、E&P(石油開発)事業の実務を現場で学びつつ現地業務に貢献できるよう、明確なコアテーマを設定し、海外現業所への3ヵ月~6ヵ月間の派遣を実施しています。

  3. 3.キャリア開発面談

    従業員本人の希望と会社のニーズを合致させ、中長期的なキャリア開発の実効性を高めるため、キャリアの節目で面談を実施しています。その上で、一人一人が「将来の自分像」を目指して挑戦を重ねることを、会社としてサポートしています。

  4. 4.従業員教育プログラム

    E&P事業に関連する技術や契約書、経済性計算などに関する知識を身に付けるため、主に若手従業員を対象にした12のプログラムを通年にわたって実施しています。手作りの教材を用いて社内講師が講義を行います。

    当社人材育成に関する紹介ページ「人材育成体系

次世代育成支援への取り組み

当社は、従業員の仕事と子育ての両立を図ることを目的とした雇用環境の整備を進めています。
次世代育成支援対策推進法に基づき、2020年4月に新たな「一般事業主行動計画」を策定しました。
当社は引き続き、本計画に沿って、従業員が働きながら、安心して妊娠・出産・育児に臨める人事制度や職場環境の整備に取り組んでいきます。

JX石油開発「一般事業主行動計画」(第5回)

期間:2020年4月1日~2025年3月31日

目標

  1. 1.誰でも安心して妊娠・出産・育児に臨める人事制度の整備

    従業員が安心して妊娠・出産というライフイベントに臨み、男女共に仕事と育児を生き生きと両立できる人事制度を整備する。

    <対策>

    • 当社従業員の実態に応じた施策の検討・整備・周知を2020年4月以降も継続する。
      • 男性従業員が配偶者の妊娠・出産をサポートするための制度
      • 育児期間に柔軟な勤務形態で働ける制度
      • キャリアを継続しながら、配偶者と共に育児ができる制度
      • 共働き世帯の子育て環境に配慮した制度
      • ワーク・ライフ・バランスをサポートする時間および空間の自由度が高い就業制度 など
  2. 2.妊娠・出産・育児を温かく見守る職場環境の整備

    周囲の協力が必要不可欠な妊娠・出産・育児というライフイベントに、従業員が働きながら、安心して臨める職場環境を整備する。

    <対策>

    • 妊娠・出産・育児関連制度を利用しやすい環境を整備する。
      • 制度周知の徹底(人事部掲示板の見直し含む)
      • 役員・従業員の理解促進
      • 長時間勤務の解消

  • 第1回〜4回行動計画については、2020年3月までに実施済み。