JX石油開発 ホーム
JX Nippon Oil & Gas Exploration Corporation Recruiting website 2020
Message
社長メッセージ
人事部長メッセージ
採用担当メッセージ

人事部長メッセージ
Message from General Manager of Human Resources Dept.

熱くなれ、冷静に。

森岡 昌博Masahiro Morioka

JX石油開発株式会社 人事部長

熱くなれ、冷静に。

この言葉は、今から30年以上前、プロ野球の日本シリーズ(パ・リーグとセ・リーグの優勝者が競う日本一決定戦)を前に西武ライオンズのキャプテンだった石毛選手が仲間に掛けた言葉と言われています。当時、西武ライオンズは野球界の新興勢力であり、伝統、そして、人気、実力を有する読売ジャイアンツに勝つことで新しき球界の盟主となろうとしていました。強敵・ジャイアンツという巨大な壁に挑むには、真に勝ちたいという情熱が必要なこと、と同時に、個々のプレーにおいてはあくまでも冷静な判断や動作が必要であることを仲間に伝えようとした言葉だと私は解釈しています。相反する言葉を並べる撞着語法の類は、何か、奇を衒った言葉遊びのように思えて個人的に好きではないのですが、この言葉は気に入っていて、仕事で困難に直面した時、この言葉を思い出しています。石油開発の仕事に携わるに際、必要な心構えを端的に言い表していると思えるからです。

地球を相手にする困難な仕事

石油開発は圧倒的なスケールを持つ仕事です。海底下数千メートルに眠る石油や天然ガス(炭化水素)を安全に地上に取り出さなくてはなりません。まさに地球を相手にする仕事です。また、空間的な広がりに加えて、炭化水素が数億年前に沈殿した生物の死骸から生成された物質であり、その生成と堆積過程を分析・想定しながら探鉱計画を策定することを考えると、気の遠くなるような時間的広がりも持っています。(これらのスケールに比肩しうるのは宇宙開発の仕事くらいでしょうか)

また、巨費を投じて試掘しても、実際に炭化水素があるのか分からないリスクを抱えています。更に、炭化水素が多く賦存する地域は政治・経済・社会的に不安定な地域である場合が多く、国営石油会社やその他の利害関係者との協業には多くの困難が伴います。

挙げればキリがありませんが、これらの困難に対峙するのに必要なのは、炎のような情熱、或いは、極めて強い社会的な使命感だと思っています。

そして、氷のような冷静さ

情熱は不可欠ですが、それだけで石油開発の事業は成り立ちません。最先端の物理的な知識を駆使し、多種多様なリスクを予見、巧みにコントロールしながら、しかも、プロジェクトが経済的に成り立つか(利益を生み出せるか)否かの冷徹な判断を下さなくてはなりません。この冷徹な判断の中には、「根拠のない情熱の排除」も含まれます。先ほど述べた通り、情熱は不可欠ですが、「やりたい、やりたい」だけの情熱は、厳しく排除されます。困難に怯まずに立ち向かう「炎のような情熱」、そして、リスクをコントロールし、事業化を可能にする「氷のような冷静さ」という、いわば相反する二つの要素を高い次元で実現・均衡させることが私たちには求められています。

JX石油開発が望む人材

情熱と冷静さを自分自身の中で実現・均衡させることがベストですが、得意・不得意、性格もありますから、一人が両方を併せ持つ必要はないかもしれません。そんな時は、情熱的な人は冷静な人と、冷静な人は情熱を持った人と、真剣な議論を繰り返しながら、共にプロジェクトをつくり上げていきましょう。

熱くなれ、冷静に。

そんな言葉に呼応してくれる方、そして、数年後にはそんな言葉を後輩達に投げ掛けてくれる方のご応募を待っています。

就職活動に際して

石油開発業界やJX石油開発に興味を持っていただけたら、是非、社員と会って、話を聞いてみてください。石油開発の仕事は一見すると華やかに見えるかもしれませんが、スケールが大きく、また、リスクが高いゆえに、地道な作業が多く、また、その積み重ねが非常に重要です。直接、社員に話を聞くことで、そんな大変さを実感することができると思います。私たち人事部は、喜んで、そのためのサポートをさせていただきます。