ページ内移動用のリンクです


石油開発の流れ

石油開発の流れ

石油業界では、石油・天然ガスの開発・生産から大型タンカーによる輸送、日本国内における精製、販売等に至る一連のサプライチェーンを川の流れに例えて、上流(開発・生産)、中流(輸送)、下流(精製・販売)ということがあります。
当社はJXTGグループの石油・天然ガス開発部門(上流部門)を一手に担っています。
以下は、当社が展開する石油・天然ガス開発事業の基本的な流れを示したものです。

主な石油、天然ガス開発の流れ
主な石油、天然ガス開発の流れ 鉱区取得 探鉱 開発

鉱区取得

鉱区取得

開発のためには、まずは産油国・産ガス国が設定する「鉱区」権益の取得を目指します。
この「権益」を取得する方法としては、産油国・産ガス国政府が実施する新規鉱区公開の際に入札あるいは交渉によって取得する方法、既に他の石油開発会社が保有する鉱区権益を取得する方法などがあります。

探鉱

探鉱

探鉱とは、地下の石油・天然ガスを探す活動です。鉱区を取得すると実際に掘削する前に、地質調査や航空写真・衛星画像判読、そして重磁力探査や地震探査などの物理調査を行います。
これらの調査、探索の結果得られたデータを総合的に解析した後、有望と目される地点で試掘を行います。
試掘が成功し、地下に石油・天然ガス等の存在が確認できた場合は、それら油層・ガス層の広がりなどを把握するため、試掘井の周辺に評価井を掘削します。

開発

開発

油層、ガス層評価の結果、経済性の関連から、商業生産可能と判断された場合、実際の商業生産に向け、開発作業を行います。
具体的には、原油・天然ガス生産・貯蔵・出荷施設等の設計・建設、パイプライン敷設、生産井の掘削などを行います。
なお、天然ガスの場合は、LNG(液化天然ガス)として生産するかどうかなども検討します。

LNGプロジェクトの場合は、大規模な液化プラントや出荷設備も建設することになりますので、長期間に亘る顧客の確保も同時進行で行います。
また、カナダのオイルサンドのような超重質油の開発には、原油性状を良化するためアップグレーダー(改質装置)を建設することもあります。

生産、そして新たなチャレンジへ

生産、そして新たなチャレンジへ

完成した生産設備の試運転等を経て、晴れて原油・天然ガスの生産開始に至ります。
一方、生産開始と同時に当該油・天然ガス田の埋蔵量は減少していきますので、石油開発会社にとっては、常に新たな鉱区権益取得にむけチャレンジし続けることが課題となっております。
現在、当社では、世界14カ国の油・ガス田にて、原油換算で約11万バレル/日を生産しています。