ページ内移動用のリンクです


CSR(環境・安全・社会貢献・コンプライアンス)

HSEマネジメントシステム

HSEマネジメントシステム

石油・天然ガス開発事業は、探鉱・開発・生産および廃鉱の各段階において、健康被害、事故や地球環境に影響を及ぼすリスクをはらんでいます。当社は、それらの労働衛生・安全・環境(HSE:Health, Safety and Environment)にかかわるリスク管理を事業遂行上の最優先事項と位置づけ、ISO14001※1やOHSAS18001※2などの国際規格に則った労働衛生安全環境マネジメントシステム(HSE-MS: HSE Management System)を構築しています。また、労働災害の防止と環境負荷の低減に向け、これを継続的に改善することを定めるとともに、東京本社から操業現場に至る組織全体にわたって運用しています。

東京本社においては、社長が委員長、経営層を委員とするHSE委員会を設置し、経営層が主体となって組織全体にわたってHSE-MSを運用する体制を構築しています。それに伴い、各操業事務所においても、事務所長が委員長、各部門の管理者を委員とするHSE委員会を設置しています。

東京本社から各操業事務所に至る組織全体にわたってHSE-MSを運用する為に、東京本社が主体となって以下の活動を実施しています。

  • 組織全体にわたる年間HSE目標の設定;
  • 東京本社と各操業事務所が合同で緊急事態対応訓練を実施し、必要な改善点を協議;
  • HSE統計データおよび事故報告を全操業事務所間で共有し、事故原因を把握し必要な改善点を協議;
  • 東京本社による、各操業事務所に対する年度HSE監査を実施し、必要な改善点を協議;
  • 東京本社および各操業事務所のHSE管理者または操業管理者による年度HSE会議を開催し、HSE実績および必要な改善点を協議。

東京本社の経営層が主体となってHSE-MSを組織全体で運用する事により、操業事務所での効果的なHSE-MSの運用および継続的な改善を達成しています。

このような当社の取り組みの一部は、ISO14001審査登録機関により審査され、2007年にマレーシアおよびベトナムの操業事務所においてISO14001認証を取得し、現在に至るまで継続維持されています。
また、東京本社および中条油業所では、2011年度より、JXグループEMSに基づく、環境マネジメントシステムを導入いたしました。

なお、当社ではHSE関連業務をより強力に遂行するために、2013年4月1日付でHSE統括部を設置しました。

マレーシアの操業事務所のISO14001認証

マレーシアの操業事務所のISO14001認証

ベトナムの操業事務所のISO14001認証

ベトナムの操業事務所のISO14001認証

注記

※1環境マネジメントシステム

※2労働安全衛生マネジメントシステム

緊急事態および油濁対応

当社は、HSE-MSの一環として全社的な緊急事態対応要領を策定し、さらに各操業事務所に即した緊急事態・油濁対応計画に基づく体制を構築しています。当該計画では、緊急事態の重大性に基づき、事故発生現場、操業事務所、本社と、階層的に対応に必要な組織および機材等を動員し、人および環境への影響を最小限にとどめることとしています。また、その実効性について、定期的に社内または関係する請負会社と合同の訓練を通して確認し、必要な改善を実施しています。

大規模油濁対応については、マレーシアでは石油業界の相互援助組織に加盟、その他の国においては石油業界で評価を得ている油濁対応サービス会社と契約を締結するなど、対応に必要な人員および資機材を迅速に動員できる体制を整えています。

操業事務所での緊急事態対応訓練操業事務所での緊急事態対応訓練

ヘラン・ガス田の海上消火訓練ヘラン・ガス田の海上消火訓練