ページ内移動用のリンクです


事業活動

パプアニューギニア

パプアニューギニアにおいては、山間部における原油の生産を継続するとともに、PNG LNGプロジェクトに事業化検討段階から参画し、2014年5月にLNG出荷を開始しました。LNGの生産能力は、690万トン/年となっております。マレーシア・ティガ、インドネシア・タングーに続く当社第3のLNGプロジェクトとして、長期安定的な収益・生産量の確保に寄与しております。

プロジェクト概要 原油生産プロジェクト

1990年以降Kutubu、Moran等の各油田において探鉱段階から原油の生産事業に取り組んでまいりました。また、2008年にはAGL社保有の油田権益の買収によって油田権益を追加取得しております。

Kutubu、Moran油田他

プロジェクト会社 Merlin Petroleum Company
株主構成(出資比率) 日本パプアニューギニア石油
(当社98.4%出資) 40.7%
NOEX PNG
(当社100%出資) 38.9%
丸紅 20.4%
保有権益比率 8.3%-73.5%
パートナー ◎Oil Search
ExxonMobil
Santos
Kumul Petroleum
MRDC
生産量(保有権益分) 6,700BOED

◎オペレーター

山間部での原油生産の推進

山間部での原油生産の推進

パプアニューギニアの油田は山間部に位置する中小規模のものが多く、諸作業に困難を伴うこともありますが、未試掘の有望な構造が幾つか確認されています。積極的に探鉱・開発事業を推進し生産量の確保に努めています。

プロジェクト経緯

Kutubu、Moran油田他

2008年12月 AGL社保有油田権益買収により油田権益を追加取得
2002年9月 Moran油田より本格生産開始
1998年4月 SE Gobe油田より生産開始
1998年3月 Gobe油田より生産開始
1992年6月 Kutubu油田より生産開始
1990年7月 マーリンペトロリアム社株式(100%)買収により陸上鉱区権益を取得

プロジェクト概要 PNG LNGプロジェクト

パプアニューギニア内陸部のガス田(ハイズ、ジュハ、アンゴレ)および油田随伴ガス(クツブ、モラン、ゴベ)から生産されるガスを陸上300Km、海底400Kmのパイプラインによりガスを輸送し、首都ポートモレスビー近郊に建設のLNG液化施設でLNGを製造・輸出する事業です。2014年4月にLNGの生産を開始しました。尚、販売契約のうち約50%が日本向けになっております。

プロジェクト会社 Nippon Papua New Guinea LNG LLC
株主構成(出資比率) Merlin Petroleum Company 100.0%
保有権益比率 4.7%
パートナー ◎ExxonMobil
Oil Search
Santos
Kumul Petroleum
MRDC
生産量(権益保有分) 9,300BOED

◎オペレーター

プロジェクト経緯

2014年4月 LNG生産開始
2009年12月 PNG LNGプロジェクトの事業化を決定
2008年3月 PNG LNG関連鉱区パートナー間で共同開発操業契約を締結

プロジェクト概要 探鉱プロジェクト

APDL11(旧PPL219)鉱区において2009年1月に設立したNippon Oil Exploration (Niugini) Pty Ltdを通じて有望構造の探鉱活動を実施しております。

APDL11鉱区

プロジェクト会社 Nippon Oil Exploration (Niugini) Pty Ltd
株主構成(出資比率) JX石油開発 50.01%
JOGMEC 49.99%
(議決権ベース)
状況 探鉱
保有権益比率 20.0%
パートナー ◎Oil Search
ExxonMobil

◎オペレーター

プロジェクト経緯

陸上鉱区APDL11鉱区

2011年1月 PPL219(現APDL11)鉱区Mananda構造において、油層を確認
2009年1月 PPL219(現APDL11)鉱区権益を取得